本講座の目的とゴール